使い方

シミを隠せるマキアレイベルの塗り方は?コツをレビュー

マキアレイベルを使ってみようと思っているけれど、どんな風に塗っていくのが正解なのかわか購入をためらっているという人も多いのでしょうか?

ファンデって塗り方が悪いと厚塗りになってしまうし、たくさん使ってコスパが悪くなってしまう…

ってファンデあるあるですよね。

カバー力を優先するあまり、顔が真っ白&ノッペリしてしまう大失態の経験が私にもあります・・・

というわけでこの記事では、マキアレイベルの塗り方(使い方)についた詳しく解説していきます!

マキアレイベルを使って、シミやくすみ、しわが近くにぐっとよらないとわからないくらいまで隠したいという人必見の記事になっているので、参考にしてみてくださいね。

  • 送料無料!
  • 初回限定キャンペーン実施中

最安値 マキアレイベルを試す

 カバー力があるのに安い!

マキアレイベルの塗り方はどれが正解?

マキアレイベルの塗り方で、コレっと決まっているものはありません。

だからこそ、難しいのですが、実際に私もマキアレイベルを使ってみたので、レビューを交えて解説していきますね!

ただ基本的には、下記3つになるでしょう。

  1. 指で塗っていく
  2. パフを使う
  3. ファンデ用のブラシを使う

1つずつ解説していきますね!

マキアレイベルを指で塗っていく方法

1度手の甲にのせて指の腹にくるくるとなじませます。

頬の内側から外側へ、ササッと素早く乗せていき、その後に鼻、額、目の周り、フェイスラインを仕上げていきます。

 この順はパフでもブラシでも同様です!

ファンデを均一に塗ろうとせず、しっかりとカバーしたい頬や額を中心に!頬や額以外の目やアゴは薄づきで問題ありません。

ポイントは

  • 素早く塗ること
  • まだなじみを良くするために、ハンドプレスを数十秒することです。

ただ、手だけで塗ると量の調整が難しく薄づきで良いところにたくさんファンデがのってしまいがいちになるため、最後の仕上げにはパフを使った方が良いでしょう。

パフを使って塗る

手やブラシを使ってやってみましたが、パフを使うのが効率的で綺麗にぬれました。

まず一度手の甲にマキアレイベルを乗せ、左右の頬、額、顎と数カ所にわけるようにして肌に乗せていきます。

ファンデーションの基本は、気になる部分をより丁寧にしっかりと塗ることなので、気になる部分に量を使うようにしましょう。

フェイスラインは薄くつけるんで問題ありません 

すべてのマキアレイベルを顔に乗せ切ったあと、頬→額→目→フェイスラインの順でパフを使って伸ばしていきます。

ブラシを使ってマキアレイベルを塗る方法

ブラシを使う際も、パフと流れは同じ。手の甲に乗せたら、両頬、額、顎の4か所に移動させ、塗っていく感じです。

やってみて感じたこととしては、思っていたよりもマキアレイベルがブラシの中に入っていく気がして、ヘアパフで塗っていくよりも伸びが悪いように感じました。

これまでからブラシを使って塗っていた人ならブラシでも問題ありませんが、新たにブラシを買うのであれば、パフを使った方が良いといえるでしょう。

そのくらいブラシで塗るのはあまりオススメが出来ませんでした。

マキアレイベルと一緒にパウダーを使うのがおすすめ

私はパフでマキアレイベルを塗ったあと、セットで購入したパウダーで仕上げていきます。(マキアレイベルもパウダーでも問題はありません)

パウダーはテカっている場所やハイライトのようにして使っているので、鼻やTゾーンを中心につけていきます。

ファンデ同様に顔全体に均一に乗せると全体的に白くなってしまうので、広範囲につけすぎないように注意してください。

お直しする際もパウダーは重宝します!

何度もマキアレイベルのファンデを塗ってしまうと、厚塗りになってテカリや重たさが出てしまうので、パウダーで整えましょう。

マキアレイベルの塗り方・使い方の注意点

マキアレイベルの塗り方や使い方の注意点を解説していきます。

顔の内側から外側に塗っていく

ファンデは気になる部分を見えないようにカバーするのが目的。

気になる部分とは、主に頬や眉間、鼻下など顔の中心部分!なので、顔の中心である内側から外側にかけて塗っていくようにしましょう。

首回りやこめかみが濃くなりすぎると白浮きしてしまい、かなり違和感を感じてしまうことも・・・

自分では気づかなくても、第三者から見たら不自然と感じることもよくあるので、注意してください!

目も周りや口元はパフやブラシに残ったファンデで塗っていく

目や口回りにたっぷりとマキアレイベルをつける必要はありません。パフやブラシに残ったファンデを使ってカバーしていきましょう。

ファンデに残った量で大丈夫?

と気になるところですが、よく動かす部分にたくさんファンデをつけすぎてしまうと、逆にシワが目立ってしまったり、よれる原因になってしまいます。

目の周りや口元のお肌は敏感なので、多量のファンデを使うとダメージを与えることになってしまうので、よくありません。

手で塗ると、薄くつけることが難しいのでパフかブラシを使うのがいいよね!

マキアレイベル専用のパフを使う

マキアレイベル専用のパフも実は売っているんです。税込みで465円なのですが、送料がプラスでかかるので実質は、628円。

マキアレイベルの初回限定キャンペーンにはパフはついていないので、プラスで購入するのもありっちゃありですが、送料を出してまで買うのは気が引けてしまいます。

マキアレイベルを売っている店舗に足を運んでみてきましたが、パフは販売されていませんでした・・・

マキアレイベルの使い方で気になるポイント

マキアレイベルの使う上で気になる疑問を紹介していきます!

地は必要?

下地は必要です。BBクリームのように下地の役割を果たすものではないので注意してください。

質問を入力日焼け止めは塗るの?

日焼け止めの効果もありますが、シミが気になっているのであれば絶対に日焼け止めのほうがいいと思います。

日焼け止めと下地をつけていても特にベタベタすることやってくることもなかったのでつけても問題ありませんでした。
マキアレイベルのパウダーのつけごこちは?

マキアレベルのファンデーションと同じパウダーがでているのですが、私は付け心地がとてもよかったです。パウダー独特の白浮きすることもなく、問題なく使えています。

ただパウダーが割と色が白目なので、日焼けしている人は顔全体につけると言うよりかは、手軽やお直しとして使う方がいいかもしれません。
カバー力に関する口コミってどうなの?

購入するうえで口コミって気になりますよね!いくらいい成分が使われていても、口コミ評判が最悪なら、誰もかわないですからね。

マキアレイベルの口コミについては、べつの記事「マキアレイベルの口コミを見てたら効果なし…カバー力はあるの?」まとめていますのでそちらをご覧ください!

まとめ:マキアレイベルのおすすめの塗り方はパフ

マキアレイベルの塗り方・使い方についてまとめてみました。

手で塗ると薄づきを調整するのが難しく、ブラシだと中に毛の間にファンデが入り込むため、私の場合はうまくいきませんでした。

よって一番塗りやすいのはパフで、顔の中心部から外側に伸ばしていくのが最強でした!少量でもカバー力があるので、目元・口元はパフに残ったマキアレイベルをつける程度で問題ありませんでしたよ。

ただ、お直しする際はパウダーで使ったほうが良かったので、私はセット購入したパウダーも併用しています。

公式サイト限定でマキアレイベルのファンデトパウダーがセットになったものが40%オフで売られているので、購入するなら公式サイトから購入するのがおすすめです!

  • 送料無料!
  • 初回限定キャンペーン実施中

最安値 マキアレイベルを試す

 カバー力があるのに安い!